神戸が酒井負傷も2位・鹿島に3-1快勝 大迫の“幻のゴール”がVAR介入でジャッジ変更・得点認定

大迫勇也が古巣鹿島戦でゴール【写真:徳原隆元】
大迫勇也が古巣鹿島戦でゴール【写真:徳原隆元】

2位鹿島は先制するも神戸に敗れる

 J1リーグ2位の鹿島アントラーズは6月30日、敵地での第21節で5位ヴィッセル神戸と対戦。前半8分に先制したが、その後に3失点を喫して1-3で敗れた。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 鹿島はリーグ4位の10得点を記録しているFW鈴木優磨が累積警告で出場停止。そのなかで、前半8分にFW名古新太郎のコーナーキックをFWチャヴリッチがヘディングで合わせて幸先良く先制に成功した。

 しかし、神戸も前半18分にFW武藤嘉紀が後方からのロングフィードを巧みな胸トラップからペナルティーエリア内に持ち込み、そのまま左足で流し込んで同点に追い付いた。武藤はこれがリーグ戦7ゴール目となった。

 さらに、神戸は前半38分にセットプレーから最後はDFマテウス・トゥーレルが押し込んで勝ち越し。同43分にDF酒井高徳が負傷交代となり、右足を引きずってピッチをあとにした。

 2-1で迎えた後半17分には、神戸FW大迫勇也がゴールネットを揺らしたがオフサイド判定。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入してオフサイドなしと判定が変わり、大迫の得点が認められ、リードを2点に広げた。

 試合は神戸がそのまま3-1で逃げ切り、4位浮上となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド