横浜FM連敗危機に「絶対負けられない」 同点弾の裏側…「感謝したい」ベンチの助言

広島戦で2点目をアシストした宮市亮【写真:徳原隆元】
広島戦で2点目をアシストした宮市亮【写真:徳原隆元】

宮市亮が貴重な同点アシストマーク、逆転勝利の呼び水に

 J1リーグ第13節延期分・横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島の一戦が6月19日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われ、横浜FMが3-2で勝利した。後半20分からピッチに立ったFW宮市亮は積極的に左サイドで仕掛け、後半42分に2-2の同点ゴールをアシストした。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 後半7分に広島MF満田誠が2枚目のイエローカードを受けて退場し、数的優位を得ていた横浜FMだったが、後半32分にはFW大橋祐紀にゴールを決められてしまう。直近リーグ戦で2連敗を喫し、3連敗もちらついたが「1-2になって、このままじゃ絶対に負けられないと思っていました」と宮市。同点ゴールを演出した場面について「スローインからだったと思いますけど、喜田(拓也)選手が本当に良いところにパスを出してくれて、本当にトラップしやすい角度で、真ん中を見たらもう(アンデルソン・)ロペスが空いていたので、本当に良い形でゴールが決まったなと思います」と、笑顔で振り返った。

 この日、積極的な仕掛けが目立った宮市だが、ハリー・キューウェル監督とベンチ入りしていたMF水沼宏太からの助言が大きかったと明かす。「昨日、監督ともいろいろ話したなかで、『もっともっと仕掛けていこう』という話もしましたし、ゲームの中で水沼(宏太)選手から『相手が2枚で来ているから、もっともっと縦に行っていいんじゃないか』っていう声をもらって、僕的にも縦にいきやすくなったというか、仕掛けやすくなった。本当にそういった声に感謝したいと思います」。

 前節の今季初ゴールに続き、この試合でもアシストという形でゴールに絡んだ宮市は、「シーズンの序盤に比べると、自分のコンディションもよくなってきていますし、チームの勝利に貢献できるようにプレーする。それを愚直にやるだけだと思っているなかで、結果に表れているのはすごく嬉しいです。一喜一憂せず、またしっかり次の試合も頑張りたいと思います」と、気を引き締めなおした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド