CL決勝でファン乱入、警備員振り切り→ドルトMFが“確保”で海外衝撃「手伝わなければならなかった」

CL決勝でピッチに乱入者が登場【写真:ロイター】
CL決勝でピッチに乱入者が登場【写真:ロイター】

ドルトムントVSレアル・マドリードの一戦でファンがいきなりピッチに

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝が6月1日、ウェンブリー・スタジアムで行われ、ドイツ1部ドルトムントとスペイン1部レアル・マドリードが激突し、2-0でレアルが2シーズンぶり15回目の優勝を飾った。白熱の展開となった決勝戦だったが、キックオフ直後の26秒でいきなり3人のファンが乱入するハプニングが発生。3人の侵入者のうち1人は警備員を振り切ったあと、先発ピッチに立っていたドルトムントMFマルセル・ザビッツァーに止められた。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 試合は約2分間、中断を強いられた。米スポーツ専門局「ESPN」は公式SNSで「CL決勝戦が始まって30秒も経たないうちに、ファンがピッチに駆け込んできて、ジュード・ベリンガムと自撮り写真を撮った」と画像付きで報道。海外で伝えられている写真ではMFジュート・ベリンガムやFWヴィニシウス・ジュニオールらに駆け寄り、セルフィーするシーンが納められていた。

 英紙「デイリー・メール」によると、「Mellstroy(メルストロイ)」と書かれたTシャツを着た乱入者が3人は、25歳のロシア人インフルエンサーが提示した30万ポンド(約6000万円)の賞金目当てだったという。

 また、3人の侵入者のうち1人は警備員を振り切ったあと、ピッチ内で別の警備員に止められる。だが、それをも振り切ろうとしたところを、先発ピッチに立っていたドルトムントMFマルセル・ザビッツァーも加わり確保に至った。

「デイリー・メール」のスポーツ版公式SNSでは「CL決勝戦が開始数秒で3人の暴行者によって中断された瞬間 マルセル・ザビッツァーは1人止めるのを手伝わなければならなかった」とその衝撃的な瞬間を伝えていた。

 ロンドン警視庁はCL決勝戦で53人の逮捕を発表。英紙「イブニング・スタンダード」は「逮捕者のほとんどは警備違反未遂によるものだったが、5人はピッチ侵入や警備違反によるもの」としている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング