韓国、女子ACLプレ大会の急遽決勝開催に嘆き節「国内では開催の事実さえ十分に知らず」

浦和レディースが仁川現代に勝利【写真:徳原隆元】
浦和レディースが仁川現代に勝利【写真:徳原隆元】

仁川現代は浦和に1-2で敗戦

 三菱重工浦和レッズレディースは5月10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレ大会「AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)」の決勝で仁川現代製鉄レッドエンジェルズ(韓国)を2-1で下し、アジア女王に輝いた。仁川現代が大会準優勝に終わった韓国メディアは、「国内では当日になっても開催の事実さえ十分に知らなかった」と嘆き節で伝えている。

 今大会は昨年にタイとウズベキスタンでグループリーグが集中開催され、浦和と仁川が勝ち抜けた。開催予定だった決勝は、一度はアジアサッカー連盟(AFC)により実施しないことが発表されたが、WEリーグや浦和が開催の再考を依頼するレターを日本サッカー協会(JFA)経由でアジアサッカー連盟(AFC)に送り、韓国側とも協議して開催する運びとなった。

 浦和は前半13分、DF長嶋玲奈が相手DFチュ・ヒョジンの寄せに気づかずボールを失ってしまうと、こぼれ球を拾ったMFイ・ソヒに強烈なミドルシュートを決められて先制を許した。

 しかし浦和は前半22分、右サイドから中央のMF伊藤美紀につなぐと相手の最終ライン背後に浮き球パスを供給。抜け出したMF清家貴子がワンバウンドのボールを右足ボレーで叩き込んで同点に追い付いた。

 さらに前半26分、MF塩越柚歩の右コーナーキックにFW島田芽依が頭で合わせて逆転ゴール。5分間の2ゴールでスコアを2-1とひっくり返すと、後半はその1点を守り抜いて2-1で勝利し、アジア女王に輝いた。

 敗れた仁川現代のキャプテンであるDFキム・ヘリは試合後のフラッシュインタビューで、「決勝で敗れたことは非常に残念。浦和レッズの選手たちが優勝にふさわしいパフォーマンスでしたし、自分たちはピッチの中で学ぶことも多かったです。浦和レッズの関係者には優勝おめでとうと言いたい」と浦和を祝福。そして、「韓国では、この試合が行われることが直前まで分からなかったファンも多いなかで自分たちはこのような結果になったけど、また勝ち続ける意味もできたので次回は決勝に来て優勝したい」とリベンジを誓った。

 仁川現代が準優勝に終わったことを受け、韓国紙「韓国経済新聞」は「AFCが明確な理由もなく決勝戦をキャンセルしてから再び開催することにし、紆余曲折の末、この試合が実現した。しかし、国内では当日になっても開催の事実さえ十分に知らず、韓国女子サッカー連盟と仁川現代製鉄の運営力が批判された」と嘆き節だった。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド