リバプール守護神が“顔面セーブ” 遠藤&ファン・ダイク懸命守備も…最大ピンチ阻止に脚光

クィービーン・ケレハーのセーブシーンに注目【写真:Getty Images】
クィービーン・ケレハーのセーブシーンに注目【写真:Getty Images】

ELアタランタ戦で迎えたピンチをGKケレハーが防ぐ

 イングランド1部リバプールは現地時間4月11日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でイタリア1部アタランタと対戦。ホーム・アンフィールドで0-3と第1戦を落とした一方、ピンチを凌いだGKのワンシーンにも注目が集まった。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 2020年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の過去対戦では敵地で5-0と勝利したものの、ホームで0-2と敗戦を喫していたリバプール。今回のELは第1戦がホームとなったなか、前半38分にイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカのゴールで先制点を奪われる。

 後半15分にもスカマッカに得点を許すと、同38分にも失点。0-3で大敗し、アタランタにアンフィールドで複数勝利を献上してしまった。なお、過去アンフィールドで複数の白星を飾った国外クラブは、スペイン1部FCバルセロナとレアル・マドリードに続く3クラブ目となる。

 そんなリバプールのゴールマウスを守っていたのは、アイルランド代表GKクィービーン・ケレハーだ。負傷中のブラジル代表GKアリソンに代わってここまで公式戦26試合に出場している。

 EL公式インスタグラムでは、同大会で披露された3つのビッグセーブを紹介。そのなかでケレハーの間一髪プレーも選出された。

 エリア内へ高く上がったボールに対し、アタランタのクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチと日本代表MF遠藤航が競り合う。バウンドしたボールをリバプールの主将DFフィジル・ファン・ダイクが処理を試みたが、これが相手に当たりゴール前へ。マークが外れフリーとなっていたパシャリッチが反応し決定機を迎えたが、ケレハーが顔面でセーブした。

 直後の映像では当たった左の目の周りや頬が赤くなっている姿も。大きなピンチを迎えたなかでケレハーが見せたスーパープレーをファンも推す声が寄せられており、1点もののシーンを凌いだことへ称賛が集まっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド