「世界レベルの守備」 アーセナル冨安健洋、マンC“ドク封じ”で元J選手絶賛「素晴らしい」

アーセナルの冨安健洋【写真:Getty Images】
アーセナルの冨安健洋【写真:Getty Images】

約3か月ぶりの復帰を果たした

 イングランド1部アーセナルは現地時間3月31日、プレミアリーグ第30節でマンチェスター・シティと対戦し、0-0で引き分けた。日本代表DF冨安健洋はベンチスタートとなったなか、後半途中からピッチに立ち約3か月ぶりの出場を果たした。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 日本代表として参加したアジアカップ以降、ふくらはぎの負傷で欠場が続いていた冨安。リーグ戦では昨年12月31日のプレミアリーグ第20節フルハム戦(1-2)以降ベンチ外の状態が続いていた。

 12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグのFCポルト戦(1-0/PK4-2)戦でようやくベンチ入り。そんななか迎えた31日のシティ戦。同日に行われた一戦でリバプールが勝利したため、暫定2位となった状態で迎える。シティはリバプール、アーセナルに続く3位に位置しており、好ゲームが予想された。

 お互いにチャンスを作るゲーム展開のなか、互いにゴールを割ることはできず。後半もお互いペナルティーエリアでは固い守備を見せ、決定的な場面を作らせない。すると後半21分、MFトーマス・パーティとともに冨安がピッチへ。冨安はDFヤクブ・キビオルとのチェンジで左サイドバックに入った。すると、すぐさまベルギー代表FWジェレミー・ドクとマッチアップ。堅実な対応で相手の猛攻を凌いだ。さらに後半アディショナルタイムにはドクがスピードに乗る前に体を寄せてボールを奪取。このシーンを「ABEMA」公式X(旧ツイッター)は「これぞ冨安健洋の“世界レベルの守備”」と公開。解説を務めた林陵平氏も「素晴らしい!」と絶賛していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド