JFA、アジア杯からMF伊東純也の離脱中止を発表 2日の会議で再検討へ「残す方向で改めて調整する」

日本代表の伊東純也【写真:徳原隆元】
日本代表の伊東純也【写真:徳原隆元】

山本昌邦ナショナルダイレクターが取材に対応

 日本サッカー協会(JFA)は2月1日、アジアカップに出場中の日本代表MF伊東純也が同日付けでチームを離脱するとしたが、訂正を発表。いったん、離脱を取りやめて2日に日本とドーハをつないだ会議を行い再検討するとした。現地時間1日に山本昌邦ナショナルダイレクターが取材に対応した。山本ダイレクターは「残す方向で改めて調整する」と話した。

 JFAは伊東に関する一部報道について、JFAでは報道されている事実関係の内容について当事者の主張が異なっていると理解しているといい「慎重な対応が求められる」としていた。JFAとしては、伊東本人の心身のコンディションを考慮した結果、2月1日付けでチームを離れることを決定したが、これを訂正して「本日(2月1日)離脱しないことになりました」と発表。その後、離脱をいったん取りやめて、2日の会議で再検討するとした。

 離脱の決定から覆った理由としては、選手から伊東とともにアジア杯優勝を目指したいとの声が上がったといい、田嶋幸三会長に相談。まずは離脱を取りやめて、2日に専門家を交えて再検討する。

 伊東は1日、ドーハ市内で行われている練習でピッチに現れず。コンディション調整のために宿舎で調整しているとされていた。ほかに宿舎で調整していた1月31日バーレーン戦の先発組に加えて、南野拓実、守田英正、三笘薫とは顔を合わせていないとしていた。

 伊東はグループリーグ第1戦ベトナム戦(4-2)、第2戦イラク戦(1-2)で先発出場。第3戦インドネシア戦(3-1)では途中出場して3点目のオウンゴールを誘発するパスを送った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング