「なんて偉大なんだ、ミウラ!」 カズの“50歳現役”に名手カシージャスも感銘受ける

カズに刺激を受け、ツイッターで自らも50歳までの現役続行を目指すと宣言

 “キング・カズ”の50歳となるシーズンに向けた現役続行発表は、海外のレジェンドにも刺激を与えている。ポルトのスペイン代表GKイケル・カシージャスは、自身のツイッターで横浜FCの元日本代表FW三浦知良の契約延長のニュースを受け、衝撃を露わにしている。

「私は40歳までプレーしたいと思っていた。だが、これを読んでからは50歳までだ! なんて偉大なんだ、ミウラ!」

 1999年から2015年までレアル・マドリードで活躍し、全盛期には「聖イケル」の異名を取った名手はこう綴った。現在35歳で40歳までの現役続行を目指していたという守護神だが、カズのニュースを受けて50歳までの現役続行に意欲を燃やしている。

 カズへのツイートにはハッシュタグで「リスペクト」という言葉も添えており、50歳での現役続行は世界の名手にも驚きと尊敬の念を与えている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング