高円宮杯U-18決勝、“ロングスロー→オウンゴール”判定が物議 「ファウルな気がする」「正当ではない」

“ロングスロー”の判定に物議(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
“ロングスロー”の判定に物議(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

後半アディショナルタイムに決勝弾を決めた青森山田が優勝

 高円宮杯U-18プレミアリーグ2023の決勝戦が12月10日に行われ、EAST王者の青森山田高校(青森)と、WEST王者のサンフレッチェ広島F.Cユースが対戦。2-1で青森山田が勝利し優勝を果たしたなか、得点につながった“ロングスロー”の判定が物議を呼んでいる。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 ワンマッチによるノックアウト方式で行われるシーズンの集大成。「EAST」「WEST」各12チームが競い合うリーグ戦で首位を勝ち得た2チームが対戦する。EAST王者の青森山田とWEST王者の広島ユースの一戦は、劇的な幕切れとなった。

 試合は後半9分、広島ユースの波状攻撃から最後は味方の放ったシュートをFW井上愛簾が上手く頭でコースを変えてネットを揺らす。ビハインドを負った青森山田の反撃は同45分、“ロングスロー”が起点となり生まれる。

 青森山田は相手陣内で左サイドのスローインをゲットすると、DF小沼蒼珠が大きな助走。ロングスローで相手ペナルティーエリア内へボールを勢い良く飛ばすと、それがネットに吸い込まれた。

 競技規則上、スローインからの直接ゴールは認められていないなか、レフェリーはゴールを認定。公式記録では広島ユースGK山田光真のオウンゴールとなっているが、ボールに対応しようとした山田は相手選手と接触しバランスを崩しており、手で触っているかどうかの判断は難しい。

 後半アディショナルタイムにFW津島巧が劇的決勝ゴールを挙げて青森山田が逆転勝利。4年ぶり3回目の日本一の歓喜に沸く青森山田だが、同点ゴールの判定にはSNS上でさまざまな声が集まっている。

 GK山田に対する青森山田側の選手との接触に対し「相手選手にブロックされてる」「ファウルな気がする」「正当ではない」「全くボールにチャレンジしてない」といった厳しい意見、また「GKは触ってるように見えない」「抗議した方が良い」とスローインされたボールに別の選手が触れたか否かについても疑問の声が上がっていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング