「救世主タキ」 モナコ南野、全力プレスバック→絶体絶命のピンチを防ぐ“神クリア”に反響「1ゴールと同じ価値」

モナコでプレーする南野拓実【写真:Getty Images】
モナコでプレーする南野拓実【写真:Getty Images】

レンヌに2-1で勝利し暫定でリーグ2位に浮上

 フランス1部ASモナコは、現地時間12月9日に行われたリーグ・アン第15節でスタッド・レンヌと対戦し、2-1の勝利を収めた。この試合でスタメン出場のモナコ日本代表MF南野拓実が、ピンチの場面で見せた献身的な守備にファンからは「神ディフェンス」「1番重要な存在」と話題を呼んでいる。

 現在リーグで3位の好調モナコは、12位レンヌの本拠地に乗り込んだ。試合はモナコが主導権を握る展開が続き、後半6分にDFハンデルソンのゴールで先制。しかし、そのハンデルソンは同29分にこの日2枚目のイエローカードを提示され、モナコは数的不利な状況になった。

 それでもモナコは、同40分にMFユスフ・フォファナが追加点を挙げると、終了間際に1点を返されたものの2-1で逃げ切りに成功し、暫定ながらリーグ2位に浮上した。そんななか、南野がピンチの場面で見せた献身的なプレーに注目が集まっている。

 後半33分、モナコは中盤でボールを奪われ、左サイドからクロスを上げられると、ファーサイドで待っていたレンヌDFマハマドウ・ナギダの元へ転がりピンチとなる。しかしも戻って来た南野が左足でクリアをしてピンチを防いだ。

 南野は味方がボールを奪われた瞬間、ハーフウェーラインから全速力でゴール前まで戻っており、一連のプレーにファンからは「神ディフェンス」「1番重要な存在」「ヒーローすぎる」「スタミナすごい」「献身的すぎる」「よく戻ったな」「マジでチーム救ってる」「本当にカッコいい」「1ゴールと同じ価値がある」「今日も安定のモナ王」「漫画みたいなプレー」「救世主タキ」「絶体絶命のピンチ防ぐ」と、さまざまなコメントが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング