中国クラブがロナウドに史上最高額のオファー! 移籍金244億円、年俸122億円の天文学な条件

レアルとは契約延長で合意も書類へのサインを残す 代理人は「お金が全てではない」

 チャイナマネーの猛威は2016年に自身4度目のバロンドールを獲得したレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに及ぼうとしている。中国1部リーグのクラブからロナウドに移籍金2億ユーロ(約244億円)に加え、年俸1億ユーロ(約122億円)という史上最高額のオファーが届いたことが明らかになった。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

 ロナウドはすでにレアルとの契約延長で合意したことを発表しているが、書面へのサインはまだ残しているという。そんなスーパースターに中国のあるクラブは移籍金244億円という天文学的な条件を提示してきたとレポートされている。

 ロナウドのスポンサーであるナイキ社も東アジア市場の広告キャンペーンの一環としてロナウド移籍に興味を示しているという。

 代理人のジョルジュ・メンデス氏の「お金が全てではない。レアル・マドリードは彼の人生のクラブだ」というコメントも紹介されている。「オファーに関しては彼のクライアントにはそんな移籍には興味がないと明確にしている」と記事ではレポートされており、ロナウドは中国からのメガオファーを一蹴したという。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング