「TJと呼ばれて本当に幸せだった」 36歳の田中順也、引退決断した最大の理由「憤りも感じるように…」

今季限りで引退の田中順也【写真:(C) Kaz PhotographyFC GIFU】
今季限りで引退の田中順也【写真:(C) Kaz PhotographyFC GIFU】

6日に引退記者会見を実施

 J3のFC岐阜の元日本代表FW田中順也が12月6日、引退記者会見を実施。「TJ」という愛称、応援してもらったファンに向けて「今まで多くのサポーターに応援していただき、ありがとうございました」とメッセージを贈った。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 現在36歳の田中は順天堂大時代の2009年に柏レイソルでプロデビュー。翌10年に正式に加入し、J2で24試合6ゴールを挙げた。さらにJ1復帰を果たした11年にはリーグ30試合13ゴールで史上初の昇格初年度のリーグ優勝に貢献。14年途中からポルトガルのスポルティング、16年に柏へ復帰し、17年からヴィッセル神戸、22年から岐阜でプレーし、23年シーズン限りでの現役引退を発表した。

 2012年に初めて国際Aマッチに出場もしている田中。これまでJ1通算228試合51得点、J2通算24試合6得点、J3通算47試合6得点の成績で、国際Aマッチには4試合出場している。

 12月6日に引退記者会見を行ったなか、まずはこの決断を下した経緯を説明。「岐阜に来て、まずは岐阜を勝たせて昇格させるためのゴールを取る思いでやってきたけれども、自分の感覚通りにゴールを取るのが年々難しくなってきて、その感覚を埋める努力をしてもゴールを取れないところに憤りも感じるようになった」と、自身のプレーに対するギャップを実感していたと明かした。

 またこれまで「TJ」といった愛称を受け、応援してくれていたサポーターについて「TJと呼ばれて、本当に幸せだった。サポーターが喜んでくれることでモチベーションになった」と素直な思いを語る。「自分のゴールで人を感動させられるというのは、なかなかない職業だと思う。本当に感謝を伝えても伝えきれない。ありがとうございましたと伝えたい」と感謝の言葉を並べた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング