「ハメスが居場所を見つけるのは難しい」 コロンビアの名将がレアル10番の電撃移籍を示唆

マツラナ氏がレアルで不遇の母国エースについて言及 「ハメスの現状に驚きはない」

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは出場機会の少なさに不満を露わにし、去就問題が浮上している。この状況にコロンビア代表の元監督であるフランシスコ・マツラナ氏は、母国が誇る至宝の出場機会の乏しさに関して「レアルの戦力では驚きなし」と一刀両断。1月の電撃移籍を示唆した。スペイン地元ラジオ局「カデナ・セール」で語ったもの。

 ハメスはジネディーヌ・ジダン監督の信頼を完全に失っている。ここまでのリーガでの出場時間はわずか376分。ハメスはすでに移籍を示唆し、代理人が火消しに走るなど去就問題が浮上しているが、ハメスのレアルでの苦境は不可避だとの声が同郷のレジェンドからも上がっている。

「ハメスの現状に驚きはない。フットボールに関しては選手の名前をただ並べるだけではないが、個人の選手が何をできるかにかかっている。マドリードの組織は明確になっている。ハメスが居場所を見つけるのは難しい」

 マツラナ氏はこう語った。FWギャレス・ベイルが足首の手術で長期離脱、中盤のキーマンであるMFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロースが負傷離脱しても、背番号10に出番はなかなか巡ってこなかった。

 

page1 page2

トレンド

ランキング