レスター監督がエースの一発退場を誤審と主張 「全世界が目撃した。ファウルでもレッドもでない」

残留争い中のレスターにとって死活問題

「我々は異議を申し立てた。それが正しいと信じているからだ。結末にはとても落胆している。我々に落ち度があれば異議は申し立てない。あれはファウルではない。ヴァード(バーディーの愛称)だけではない。全選手を擁護したい。特にファウルをしたわけではないのにね」

 熾烈な残留争いを展開するレスターにとって、死活問題となるヴァーディの出場停止処分撤回の異議申し立ては認められなかった。

「私の問題はジョンソンとヴァーディが激しく競り合っていたことだ。ジョンソンはちょっと押していた。ヴァーディは球際で体のバランスを失っていた。それだけのこと。私とクラブのすべての人間はとても驚いている」

 ラニエリ監督はこう語った。FIFAクラブワールドカップ決勝戦ではレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが鹿島アントラーズFW金崎夢生を倒したが、2枚目のイエローカードを出そうとしたジャニー・シカジ主審が謎のドタキャンに出る誤審騒動があった。プレミア王者にも起きた誤審騒動で、ラニエリ監督はパウソン主審に怒り心頭の様子だった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド