レスター監督がエースの一発退場を誤審と主張 「全世界が目撃した。ファウルでもレッドもでない」

敵地ストーク・シティ戦、ヴァーディは人間魚雷のように突っ込む形となり…

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は前節の敵地ストーク・シティ戦(2-2)でイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが相手FWマメ・ディウフに両足タックルで一発退場を宣告された判定に怒り再燃。「全世界が目撃した。あれはファウルでもレッドでもない」と誤審と主張している。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

 17日に敵地で行われた一戦で、問題の場面は前半28分に起きた。猛プレッシャーをかけながら自陣に戻ったヴァーディは、ディウフに両足タックルを仕掛けた。ディウフは避けようとしたが、ピッチ上に倒れた。このスライディングでヴァーディはクレイグ・パウソン主審から一発退場を命じられている。そして、ヴァーディは3試合の出場停止処分を言い渡された。

 この判定に怒りを再燃させているのはイタリア人指揮官だった。「あの判定に驚き、落胆した。イングランド中の、いや世界中の人はあのファウルを見たと思う。全世界があれはファウルではない。レッドカードではないと言っている」と力説する。

 ヴァーディはDFグレン・ジョンソンと競り合うなか、バランスを崩し、人間魚雷のようにディウフに突っ込む形となった。ラニエリ監督は世界中の総意として誤審をアピールしている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング