横浜FC、J1残留は「現実的ではない」 最終節に望みもFW伊藤翔「どれだけ最後までプロとしてやれるか」

横浜FCの伊藤翔【写真:Getty Images】
横浜FCの伊藤翔【写真:Getty Images】

湘南に敗れて迫るJ2降格、最終戦で数字上の可能性は残るものの大量ゴールが不可欠

 横浜FCは11月25日に行われたJ1リーグ第33節の湘南ベルマーレ戦に0-1で敗れた。前節を終えて17位だった湘南は、この日の勝利で15位まで浮上するとともにJ1残留を確定させた。一方の横浜FCは、数字上はJ1残留の可能性が残っているが、実現は非現実的な状況となっている。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 湘南のゴール前を横切るボールを送ることはできても、決定的なシュートまでは打てていなかった横浜FC。逆に後半4分にはDF大岩一貴に今季初ゴールを決められてしまい、0-1で敗れた。

 この試合に途中出場した横浜FCのFW伊藤翔は、「前半は湘南が思ったより前に出てこなかった。向こうは引き分けでもいいのかなという雰囲気もあった。そのなかで先制点を取られて苦しい形になりました。(自分がピッチに)入った時にはもう向こうも全然、前に出ていかないので、ボールに触れる機会も少なかったし、ああいう展開になってしまうのはあり得る話だなってことですが、なんにしても突き破ることができなかったので、この結果は残念です」と、1点をリード後の湘南の守備を崩すことが難しかったと振り返った。

 横浜FCがJ1に残留するためには、自分たちが最終節で鹿島アントラーズに勝つこと。そして、17位になった柏レイソルが敗れること。さらに12点ある得失点差を埋めることも必要になる。

 柏が0-1で負けたとしたら、横浜FCは鹿島に11-0で勝たなければいけない。試合後、X(旧ツイッター)では1試合8点というJ1最多得点記録を持つ「オルンガ」がトレンドワードになったが、そんな新記録を打ち立てるような活躍を見せる選手が出てこない限りはJ2降格となる。

 最終節に向けて伊藤は、「もちろん最後までプロとしてやらなきゃいけない。最後まで戦わないといけない。数字上は残留の可能性があっても、なかなか現実的ではないので。あとは1人1人がどれだけ最後までプロとしてやれるかじゃないですか」と語った。複雑な思いを抱きながらの戦いになる最終節だが、横浜FCはどのような戦いぶりを見せるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング