J1残留争いの直接対決で漂う緊迫ムード、横浜FC吉野が相手の胸を小突いてイエローカード 

横浜FCの吉野恭平【写真:徳原隆元】
横浜FCの吉野恭平【写真:徳原隆元】

最下位の横浜FCと17位湘南の対決

 横浜FCは11月25日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われたJ1リーグ第33節で湘南ベルマーレとの神奈川ダービーに臨んだ。最下位の横浜FCは勝ち点30、17位の湘南は勝ち点32で、J1残留を争う直接対決となった。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 湘南は4連勝中、横浜FCも直近の4試合を2勝1分1敗としており、互いに終盤にきて勝ち点を重ねている。両軍ともコンパクトな布陣を保ち、球際では激しく渡り合う強度の高い試合となったなか、ほとんどシュートシーンがないまま試合は推移した。

 そうしたなかで横浜FCは前半39分にコーナーキックを得る。ゴール前で両チームの選手たちがポジションを取り合うなかで、湘南のMF池田昌生がゴール前に上がってきたDF吉野恭平に手を出す。これに対して怒った吉野が、池田の胸を小突いて突き飛ばしてしまう。池田が倒れ込むと中村太主審はイエローカードを吉野に出した。

 序盤には、副審がラインを割ったとする判定に湘南はベンチが総立ちになり、チームスタッフがイエローカードを受けるなど、両チームともにワンプレー、ワンプレーに高い集中力を見せているなか、前半は0-0のまま終了した。

(河合 拓 / Taku Kawai)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング