84選手対象「J1シュート決定率ランク」 最下位は浦和DF、トップ2はG大阪の2人…100%が5人!

最下位は浦和の森脇、235選手の中でもワーストの3%

 J1リーグで最も高いシュート決定率を誇るのは誰なのか。Jリーグの公式データを基に「J1シュート決定率ランク」を算出。今回は1得点以上を決めた235選手の中から、「平均シュート数23.2本以上を放った選手」を対象とした。

 最下位は浦和の森脇で3%。これは235選手の中でもワーストの数字だった。広島の柏とミキッチはともに24本を放ったが、それぞれ1得点にとどまり81位で並んだ。Jリーグ王者に輝いた鹿島の遠藤は3ゴールも、その決定率は6%と低く77位。66位のウェリントン(福岡)とアダイウトン(磐田)は、前者が5得点、後者が6得点と一定の結果を残した。しかし、シュート数から考えるとやや物足りなさが残るか。

■84位~66位

84位:決定率=3% 

森脇良太(DF/浦和レッズ)          

1得点/シュート29本(出場:33試合)

81位:決定率=4% 

柏 好文(MF/サンフレッチェ広島)         

1得点/シュート24本(出場:34試合)

81位:決定率=4% 

ミキッチ(MF/サンフレッチェ広島)         

1得点/シュート24本(出場:27試合)

81位:決定率=4% 

田口泰士(MF/名古屋グランパス)             

2得点/シュート45本(出場:27試合)

80位:決定率=5% 

倉田 秋(MF/ガンバ大阪)         

2得点/シュート37本(出場:34試合)

77位:決定率=6% 

パトリック(FW/ガンバ大阪)     

2得点/シュート34本(出場:20試合)

77位:決定率=6% 

山崎亮平(FW/アルビレックス新潟)         

2得点/シュート33本(出場:28試合)

77位:決定率=6% 

遠藤 康(MF/鹿島アントラーズ)             

3得点/シュート47本(出場:25試合)

73位:決定率=7% 

青山敏弘(MF/サンフレッチェ広島)         

2得点/シュート29本(出場:28試合)

73位:決定率=7% 

高木俊幸(FW/浦和レッズ)         

2得点/シュート29本(出場:14試合)

73位:決定率=7% 

赤﨑秀平(FW/鹿島アントラーズ)             

2得点/シュート29本(出場:24試合)

73位:決定率=7% 

太田吉彰(MF/ジュビロ磐田)     

3得点/シュート43本(出場:34試合)

66位:決定率=8% 

阿部浩之(MF/ガンバ大阪)         

3得点/シュート40本(出場:24試合)

66位:決定率=8% 

下田北斗(MF/湘南ベルマーレ) 

2得点/シュート26本(出場:23試合)

66位:決定率=8% 

三竿雄斗(DF/湘南ベルマーレ) 

2得点/シュート26本(出場:32試合)

66位:決定率=8% 

東 慶悟(MF/FC東京)               

2得点/シュート26本(出場:28試合)

66位:決定率=8% 

菊池大介(MF/湘南ベルマーレ) 

3得点/シュート38本(出場:32試合)

66位:決定率=8% 

ウェリントン(FW/アビスパ福岡)             

5得点/シュート62本(出場:29試合)

66位:決定率=8% 

アダイウトン(MF/ジュビロ磐田)             

6得点/シュート71本(出場:34試合)

 

トレンド

ランキング