セルティック前田、ロジャーズ体制の“現在地”に言及 「今はまだベストの状態ではない」

セルティックの前田大然【写真:Getty Images】
セルティックの前田大然【写真:Getty Images】

リーグ第3節セント・ジョンストン戦は0-0ドロー

 スコットランド1部セルティックは、8月26日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第3節セント・ジョンストン戦で0-0と引き分けた。日本代表FW前田大然は、「今はまだベストの状態ではない」とチームについて語っている。スコットランドメディア「フットボール・スコットランド」が伝えた。

 昨季国内三冠を達成したセルティック。開幕戦のロス・カウンティ戦で4-2と勝利すると、続くアバディーン戦でも3-1と2連勝を飾った。

 しかしホームでのセント・ジョンストン戦は日本代表FW古橋亨梧、日本代表FW前田が先発したが、得点を挙げられずにスコアレスドローに終わった。

 試合後には本拠地のサポーターからブーイングを浴びせられたセルティック。アンジェ・ポステコグルー監督(現トッテナム監督)からブレンダン・ロジャーズ監督へ指揮官が変わった影響に関して、前田が言及している。

「ロジャーズ監督にとっては、セルティックで2度目の指揮になる。でも、僕にとっては新しい監督だ。新しいことをやろうとしているから、個人としてもチームとしても、新しいプレースタイルに適応しなければならない。サッカーではよくあることで、彼の戦術に適応し、トレーニングでも試合でもハードワークを続けなければならない」

 前田は「今はまだベストの状態ではない」としつつ、自身も含めてさらなるステップアップを誓っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド