リバプール遠藤航が語ったブンデスとプレミアの違い「体力的には厳しかった」 体感したスピードと強度「大きな違いがある」

リバプールでのデビューを飾った遠藤航【写真:ロイター】
リバプールでのデビューを飾った遠藤航【写真:ロイター】

加入から緊急で即デビューを飾った遠藤

 イングランド1部リバプールの新戦力・日本代表MF遠藤航は現地時間8月19日、プレミアリーグ第2節ボーンマス戦(3-1)で緊急投入されデビューを飾った。後半にMFアレクシス・マック・アリスターが一発退場となった状況により急遽ピッチに立ち、堅実なプレーを披露。加入発表の翌日に即デビューを飾る形となったなか、自身が体験したブンデスとプレミアの違いについて語った。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 今月18日に加入が発表されたばかりの遠藤は、翌日に開催したホーム開幕戦で早くもベンチ入りすることに。試合は開始3分で先制点を許すも、その後逆転して前半を折り返した。しかし、後半13分にアクシデントが起こる。敵陣でマック・アリスターがプレッシングでボールを奪おうとした際、相手選手を足裏でタックルする格好となってしまい、主審は迷わずレッドカードを提示。一発退場となったが、直後の同17分にFWディオゴ・ジョッタが追加点を奪ってリードを広げることに成功した。

 それでも数的不利な状況に陥ったため、ユルゲン・クロップ監督は攻撃の枚数を減らす判断で、FWコーディ・ガクポを下げ、新加入の遠藤を投入。アンカーに配置されると終盤に危険な位置でファウルを与える場面があったものの、堅実なプレーで攻守のバランスを保ち、チームの勝利に貢献した。

 英メディア「The Athletic」は遠藤があらためて移籍の経緯などについて語ったことを報道。急遽デビューとなったことで、ブンデスリーガとプレミアリーグの違いを体感したという。

「ここでプレーするのは素晴らしかった。素晴らしい気分、素晴らしい雰囲気で、ウォーミングアップし、ファンが私の名前を叫ぶのを聞くことができた。彼らはとても特別な雰囲気を作ってくれたので、アンフィールドでプレーできてとても幸せ。監督は私に、ブンデスリーガでプレーしてきたようにプレーし、これまでやってきたことと同じようなプレーを努めるように言った。

 体力的にはブンデスリーガよりも厳しかった。プレミアリーグのチームには非常に強力な選手がいるので、確かに大きな違いがある。テンポも速くなるので、例えばもっとワンタッチサッカーをやらないといけない。考え方を変えて、ここで6番としてプレーすることに適応する必要がある。私は努力を続けなければならない。もっと上手くやって適応するには時間が必要だが、私にとっては素晴らしい1歩だと思う」

 より厳しい舞台に身を置くことになった遠藤だが、新しいリーグでもその適応力を発揮してもらいたいものだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング