南野が「生まれ変わった」 2G1Aで現地メディアがチーム最高評価、“主役級”の活躍に「昨季の彼はどこにいったのか?」

モナコの南野拓実【写真:Getty Images】
モナコの南野拓実【写真:Getty Images】

チーム最高の9点(10点満点中)の高評価

 フランス1部ASモナコは現地時間8月20日、リーグ・アン第2節ストラスブール戦で3-0の快勝。日本代表MF南野拓実は2ゴール1アシストの大活躍で勝利に貢献し、現地メディアもチーム最高の9点(10点満点中)の高評価を与えて称賛している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 南野は前半20分、前線の味方との連係で一度はボールを失うが、すぐさま相手にプレスをかけボールを刈り取る。南野はそのまま前を向き右足一閃。ペナルティーアークより手前、やや右から放った一撃は距離があるなかゴール左に綺麗に突き刺さった。

 さらに前半36分には左サイドからのアーリークロスをヘディングで合わせこの日2点目。後半に入っても南野は止まらず。後半13分にセンターサークル付近で縦パスを受けた南野は、前線に走る主将FWウィサム・ベン・イェデルへ絶妙なスルーパス。ベン・イェデルのゴールでリードを3点に広げ、南野には嬉しいアシストが付くことになった。

 南野は後半34分まで、約80分間プレー。フランスのニュース専門サイト「Get French Football News」ではこの試合のモナコの選手を10点満点で採点し、全得点に絡んだ南野にはチーム最高の9点を与えた。

 記事では「生まれ変わった南野拓実が主役となった」とこの試合のプレーを評価。「昨シーズンの南野はどこにいったのか?この日本代表FWは前半のみで、昨季リーグ・アンで記録した数字を上回った。最初のシュートは見事なロングレンジ、2点目は冷静なフィニッシュ、さらにアシストと、南野にとっては完璧に近い1日だった」と絶賛している。

 また「元リバプールの選手は、昨シーズンはサイドで迷っているように見えたが、今は自信に満ちあふれている」と、昨季との違いにも触れ「この調子をコンスタントに再現できれば、まるで新加入選手のようだ」と驚きつつも最大限の賛辞を贈っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド