“ジーニアス”が復活の狼煙! 柿谷がPO決勝で勝利宣言 「一緒にJ1昇格の喜びを味わえれば」

4日の決勝に向けてサポーターに“共闘”を呼びかける

 セレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗が、J1昇格プレーオフ(PO)準決勝で復活の一撃を叩き込み、チームを2年連続の決勝に導いた。京都サンガF.C.戦の前半13分に先制ゴールを挙げた殊勲の主将は「スタジアムでJ1昇格の喜びを味わえれば」と、4日の決勝に向けてサポーターに“共闘”を呼びかけた。

 雨の降りしきるキンチョウスタジアムに歓喜をもたらしたのは、セレッソのエースナンバー「8」だった。前半13分、MFソウザのミドルを京都GK菅野孝憲が弾いたところ、いち早く反応した柿谷が体勢を崩した菅野をあざ笑うかのようにループシュートを決めて、先制に成功。後半に入ると京都の猛攻を受けて1-1の同点とされたが4分のアディショナルタイムも守り切り、リーグ戦上位のC大阪が勝ち上がった。

「素直に嬉しいですね。(ゴールシーンは)雨ということもあるので、ソウザがシュートを打つというのは分かっていたので、詰めていきました。早い段階で点を取れたことはよかったです。ただ、そこからもう2点、3点と取っていければよかったんですが、ハラハラドキドキさせてしまったのはセレッソのクセかな、と思います。もっと余裕をもって勝てるようにしたいと思います」

 柿谷は試合内容に改善すべきところがあると兜の緒を締めた。FCバーゼルで出番に恵まれずに今季から古巣に復帰した柿谷にとって、2016年は苦難のシーズンだった。第3節・群馬戦ではゴールに背を向けた状態でシュートを叩きこむ“ヒール・ゴラッソ”で復帰後初ゴールを決めたものの、6月には右足関節靭帯を損傷し、7月末に手術する事態に陥った。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  6. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ