セルティック前田の速攻プレス→PK奪取「驚異的」 現地で飛ぶ称賛の声「スーパープレス!ダイゼン!」

セルティックでプレーする前田大然【写真:ロイター】
セルティックでプレーする前田大然【写真:ロイター】

ポルティモネンセとのプレシーズンマッチで旗手の先制点に絡む

 スコットランド1部セルティックは、現地時間7月15日にポルトガル1部ポルティモネンセとのプレシーズンマッチで対戦し4-1の勝利を収めた。この試合で先制点に絡んだ日本代表の2人のプレーに注目が集まっている。

 すでに新シーズンへ向けて始動したセルティック。非公開で行われたポルティモネンセ戦では、4-1で快勝したが、先制ゴールを日本代表MF旗手怜央が奪っている。

 相手のGKへのバックパスに素早いプレスをかけたFW前田大然。トラップが大きくなったところを奪いに行った際に、相手のGKの足がかかりPKを獲得する。このPKを旗手がキッカーを務め、きっちり決めて先制に成功した。

 このゴールシーンはセルティックの公式YouTubeチャンネルで公開。得点の流れから、ゴール後に旗手と前田がハイタッチするまで収められている。ハイタッチの際には、スタッフの声なのか「スーパープレス!ダイゼン!」といった声も。さらに動画のコメントではファンから「マエダの仕事量は驚異的だ」「ダイゼン最高」と称賛も贈られていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド