「南野が恋しい」 リバプールファンが再脚光…“テクニカルゴール”に反応「モナコベンチで腐るくらいなら…」

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

3年前のクリスタル・パレス戦でのゴールに再注目

 イングランド1部リバプールは現地時間2月25日、プレミアリーグ第25節でクリスタル・パレスと対戦する。この試合に先立って、クラブ公式では3年前の大量得点を挙げた同カードを回顧すると、当時在籍していた日本代表MF南野拓実(ASモナコ)のゴールにもファンが再注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN Jリーグ関連番組も充実

 南野は昨季リバプールで2つのカップタイトル獲得に貢献。リーグカップで5試合4得点、FAカップで4試合3得点を記録しファンの心を掴んだ。リーグ戦での出場は限られたものの、3年前の12月19日、2020-21シーズンのプレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)のゴールに再び熱視線が送られているようだ。

 クラブ公式インスタグラムが公開した動画では、大量7得点を挙げた全ゴールシーンを紹介。開始3分に得点の火蓋を切った南野のゴールが最初に紹介されている。

 ロングボールをペナルティーエリア内で収めたFWサディオ・マネがキープし、中央の南野へ。相手をトラップで1人かわすと右足でゴールへ叩き込んだ。

 得点後の雄叫びで喜びを露わにした南野に、マネ、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドらが駆け寄ってくる。こうした場面を回顧し、ファンもコメントで「過小評価されている」「なぜタキとサディオを売ってしまったのか」「南野が恋しい」「モナコベンチで腐るくらいなら手放さない方が良かった」「南野のテクニカルなゴール」と、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンへと移籍したマネと同様に放出を惜しむ声が挙がっていた。

 南野がリバプールで残した功績は、しっかりとファンに刻まれている。現在所属するフランス1部モナコで苦戦中だが、復活の兆しを示せるか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング