【W杯】「なんて人たちだ」 日本代表、ロッカールームに残した“鶴の折り紙”に海外驚嘆「すごすぎる」

日本のロッカーに脚光【写真:ロイター】
日本のロッカーに脚光【写真:ロイター】

FIFA公式ツイッターがロッカールームに残された鶴の折り紙を公開

 森保一監督率いる日本代表は11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦でドイツ代表と対戦。1点ビハインドから後半に立て続けに2ゴールを挙げ、2-1で逆転勝利を飾った。国際サッカー連盟(FIFA)はツイッターで、試合後の日本のロッカールームをレポート。メッセージとともに鶴の折り紙が残された様子に、海外から驚きの声が上がっている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 前半33分、MFイルカイ・ギュンドアンのPKで先制され、0-1で後半を迎えた日本。後半、3バックへの変更とMF三笘薫(ブライトン)らの投入によってより攻撃的にシフトした日本は、同30分に左サイドの攻撃からMF堂安律(フライブルク)が押し込んで同点に追い付くと、FW浅野拓磨(ボーフム)もディフェンスラインの背後への抜け出しからゴールを奪う。終盤の逆転劇で見事に勝ち点3を奪取した。

 試合後、FIFA公式ツイッターは「サムライブルー(日本代表)はカリファ国際スタジアムのロッカールームをこのような状態であとにした。ピカピカだ。ドーモアリガトウ」とロッカールームを紹介。綺麗に整理整頓された様子が称賛されていた。

 さらに、その写真内に収められていた折り紙に海外ファンが注目し、「これも選手が折ったの!?」と返信。FIFA公式ツイッターは「これも残されていたよ」と、鶴の折り紙とともに「ありがとう JAPAN」とのメッセージが残された写真も公開しており、「なんて人たちだ」「すごすぎる」などの声が寄せられている。

今、あなたにオススメ

トレンド