フランクフルト、浅草観光を堪能 スマホで撮影楽しむ「伝統的な日本の文化を感じています」

フランクフルトの選手たちは浅草観光を楽しんだ【写真:ロイター】
フランクフルトの選手たちは浅草観光を楽しんだ【写真:ロイター】

「ブンデスリーガジャパンツアー2022」で来日中

 元日本代表MF長谷部誠を擁するドイツ1部フランクフルトは、11月中旬より「ブンデスリーガジャパンツアー2022」で来日している。そんななか、フランクフルトの選手たちは浅草観光を楽しんだようだ。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 11月16日に行われたのは、長谷部にとって“凱旋試合”となる古巣・浦和レッズとの親善試合。長谷部は現地時間10月12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦で左膝の内側側副靱帯を損傷した影響から、後半30分からの出場になった。試合は浦和が4-2と勝利を収めている。

 試合以外の場面で、フランクフルトの選手たちは日本文化を楽しんでおり、クラブ公式SNSでもその様子を公開。17日には浅草・浅草寺を訪れたようで、公式ツイッターでは「伝統的な日本の文化を感じています」と写真や動画を公開した。

 ファンとの記念撮影や浅草寺の前での集合写真に加え、選手たちが興味深そうにスマートフォンでの撮影に興じる姿など、日本独特の文化を楽しむ様子が収められている。

 フランクフルトは19日に同ツアーの2試合目として、パナソニックスタジアムでガンバ大阪と国際試合を行う。日本の伝統に触れた選手たちは、心身ともにリフレッシュして大阪に向かうことになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング