シュツットガルト遠藤航に現地ファンもエール 頭部強打で交代…「遠藤のための勝利だ」

遠藤航がヘルタ・ベルリン戦で途中交代【写真:Getty Images】
遠藤航がヘルタ・ベルリン戦で途中交代【写真:Getty Images】

クラブ公式へのリプライには「LegENDO」の文字も

 ドイツ1部シュツットガルトの日本代表MF遠藤航は、現地時間11月8日のブンデスリーガ第14節ヘルタ・ベルリン戦(2-1)に出場し、後半32分に頭部を強打して途中交代となった。カタール・ワールドカップ(W杯)直前のアクシデントに、現地ファンからも快復を願うエールが送られている。

 カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーに選出されている遠藤は、同じく日本代表に選ばれたDF伊藤洋輝とともに先発出場。しかし、1-1で迎えた後半32分、相手のセットプレーのこぼれ球をクリアしようとした遠藤に、背後から相手選手が激しく衝突してしまう。頭部を強く打ち付けた遠藤はそのままピッチで治療を受け、約6分後に担架で運ばれて交代となった。

  試合はその後、シュツットガルトが後半アディショナルタイムの劇的ゴールで勝利を収めた。シュツットガルト公式ツイッターは試合後、ロッカールームで選手たちが遠藤の背番号3のユニフォームを掲げる写真とともに無事を祈り、「意識がなかったが、救急車の中で反応を取り戻した」と状態を報告している。

 この投稿に、現地ファンからは「遠藤のための勝利だ」「早く良くなってね」「私たちの背番号3に祈りを」「強くなって戻ってきて!」などのエールが送られ、「Legend(レジェンド)」と「Endo」をかけた「LegENDO」の文字も多くつづられていた。ドイツの地でも愛される遠藤を襲ったアクシデント。軽症であることを祈るばかりだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド