日本代表でのさらなる活躍に期待 ランス伊東、“劇的決勝弾”に称賛止まず「ゴール前の意識が高い」

決勝ゴールを決めた伊東純也【写真:Getty Images】
決勝ゴールを決めた伊東純也【写真:Getty Images】

伊東が7試合ぶりの白星を呼び込む

 フランス1部スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也は、2試合出場停止処分が明けて現地時間10月23日に行われたリーグ・アン第12節オセール戦でスタメン出場し、復帰戦で決勝ゴールを叩き込んで2-1の勝利に貢献した。今季リーグ戦4ゴール目となり、その高い決定力に注目が集まっている。

 10月2日の第9節トロワ戦(2-2)で今季3ゴール目を決めた伊東は、直後のタックルで一発退場。パリ・サンジェルマン戦(0-0)、ロリアン戦(0-0)と出場停止となったなか、オセール戦で復帰すると強烈な存在感を示す。

 1-1で迎えた後半42分、左サイドから攻め込むランスはゴール前に低弾道のクロスを供給。相手GKが触ってこぼれたなか、素早く反応した伊東が流しこんで今季4ゴール目を奪い、これが決勝ゴールとなった。チームは7試合ぶりの白星、今季2勝目を上げた一方、待望の今季ホーム初勝利となりスタジアムは大きな歓喜に包まれた。

 スポーツチャンネル「DAZN」公式YouTubeチャンネルが「伊東純也が出場停止明けの一戦で劇的決勝弾! 今季4ゴール目」と動画を公開すると、ファンからは「ゴール前への意識が高くなってる」「シュートが上手くなった」「間違いなく今の日本代表のエース」「かっこいい」といった声が上がった。

 11月にカタール・ワールドカップ(W杯)を控えるなかで、弾みのつくゴールとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング