内田篤人が「どれだけ見ているんだろう」と驚き 中村俊輔との“共闘エピソード”披露、代表時代のサッカー観に感銘

日本代表でプレーする中村俊輔【写真:Getty Images】
日本代表でプレーする中村俊輔【写真:Getty Images】

「内田篤人のFOOTBALL TIME」で元日本代表MF中村俊輔との思い出を回想

 元日本代表DF内田篤人氏が、スポーツチャンネル「DAZN」で配信中の「内田篤人のFOOTBALL TIME」で、現役引退を発表した元日本代表MF中村俊輔との思い出を語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 桐光学園時代から大きな注目を集めていた中村について、内田氏は「中村俊輔ですからね。それはもう小学校、中学校の時から見ていました」と言い、2人で日本代表の右サイドを務めた際のエピソードを明かした。

「初めてA代表に入った時、右サイドの前で組んだのがシュンさんでした。普段はあまり話さないのですが、アウェーのオマーン戦か、バーレーン戦の前日に『ウッチー、ウッチー』と話しかけられて、『相手がこうやって出てくるから、ウッチーはこうやって守って。俺はこういうふうに守るから』と言われたんです。それから『逆サイドのヤツがね……』みたいなことも言うんですよ。その時に『この人、どれだけサッカーを見ているんだろう』と。自分が対面する選手だけで良いはずなのに、俺の対面まで見ているし、逆サイドの動き方も見ていたから『この人スゲーな。サッカー大好きなんだな』と感じました」と、驚かされたことを明かした。

 また、内田氏と中村は、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)でも、ともに日本代表のメンバーに入った。しかし岡田武史監督は、それまでレギュラーで起用していた内田氏を本大会では一度も起用せず。また背番号10を付けていた中村も、大会直前にレギュラーから外れ、グループステージ2戦目のオランダ戦(0-1)で後半19分から途中出場しただけにとどまった。

 当時を振り返り内田氏は「南アフリカでは、僕も(先発から)外れましたが、それとは比較にならないくらい、シュンさんはずっと(代表で)中心でやってきていた人だった。それが最後にパッと外れるのは、僕もまだ20歳ちょっとくらいでしたが『大丈夫なのかな』と思っていました。足首だったか、膝だったかに、注射もずっとしながらプレーしていた。その印象が強い。輝いているシュンさんは、テレビでずっと見ていましたが、最後のW杯とかは、現実を見た気がして。『中村シュンさんでもこんな残酷なところがあるんだな』みたいなことを思っていたことがありました」と、日本屈指のスター選手の表からは見えない一面に感じるものがあったことを明かした。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング