前田大然の今季初ゴールは「正当な報酬」 今後の活躍を専門メディア期待「自信につながることを願っている」

セルティックFW前田大然【写真:ロイター】
セルティックFW前田大然【写真:ロイター】

後半開始から途中出場してクロスにダイレクトシュートで得点

 スコットランド1部セルティックは、現地時間10月15日に行われたスコティッシュプレミアシップ第11節ハイバーニアン戦で6-1と快勝した。日本代表FW前田大然は途中出場から今季リーグ戦初ゴールを挙げ、専門メディアも「正当な報酬」とプレーを称えている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)敗退が決まり、難しい状況にあったセルティックは、MF井手口陽介が今シーズン初のベンチ入りを果たし、MF旗手怜央がスタメンに名を連ねた。

 ゲームは、今季初先発のスコットランド代表MFジェームズ・フォレストがハットトリックを達成し、通算ゴール数を100に乗せたメモリアルな一戦となった。そのなかで後半開始から出場した前田は、後半44分に右サイドからのパスを1タッチでゴールに流し込み、ダメ押しとなるチーム6点目を記録した。

 セルティックの専門メディア「The Celtic Star」は、「(今季)なかなかゴールを奪えなかった日本人FW(前田)は、クロスからゴールを決めて嬉しそうな表情を浮かべた。このゴールが、彼にとって必要な自信につながることを願っている。ゴールはこの日の彼のプレーを考えれば正当な報酬だった」と、前田のプレーを評価していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド