「なんかのモデル?」 鮫島彩が“全身真っ白”コーデ、森林浴満喫にファン「天使だ」「素敵」

大宮Vでプレーする鮫島彩【写真:高橋 学】
大宮Vでプレーする鮫島彩【写真:高橋 学】

「心地の良い気候でリフレッシュできました」とオフのひと時を報告

 日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」の大宮アルディージャVENTUS(大宮V)DF鮫島彩が、自身の公式インスタグラムを更新。「day off 心地の良い気候でリフレッシュできました」と綴り、上下白コーデでカフェを満喫する様子を公開すると、「ナイスコーデ」「素敵です」と注目が集まっている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 鮫島は2011年女子ワールドカップ(W杯)のなでしこジャパン優勝メンバーの1人。高校卒業後、TEPCOマリーゼに加入し、アメリカやフランスでのプレーも経験した。昨年1月からは大宮Vに在籍し、WEリーグ初年度のシーズンでは、17試合に出場。すでに開幕しているWEリーグカップでは5試合すべてに先発フル出場をしており、10月22日、23日に開幕するWEリーグ2年目のシーズンでの活躍が期待されている。

 そんな鮫島は自身の公式インスタグラムで、「day off 心地の良い気候でリフレッシュできました 読書の秋、食欲の秋…みなさんは何の秋ですか? 今週から気温が下がるみたいなので、そろそろ衣替えしようかな」と綴り、白のカーディガンとスカートを着用しカフェを訪れた1枚、さらに、木々に囲まれた中に佇むオフショットを添えている。

 ファンからは「森林浴ですね、素敵です」「天使だ」「可愛い服」「モデルさんみたい」「なんかのモデル?」「私服姿も魅力的」と熱視線が注がれ、米女子サッカーリーグNWSLのゴッサムFCに所属するFW川澄奈穂美も「勉学の秋です」と反応している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング