「やっと中央に戻れる」 エクアドル戦先発の南野拓実、トップ下起用にファン期待

エクアドル戦にスタメン出場の南野拓実【写真:高橋 学】
エクアドル戦にスタメン出場の南野拓実【写真:高橋 学】

左サイドで苦戦が続いたなかで、トップ下起用で輝きを放てるか

 日本代表(FIFAランキング24位)は9月27日、ドイツ・デュッセルドルフで行われる国際親善でエクアドル代表(同44位)と対戦。MF南野拓実(ASモナコ)がスタメンに名を連ね、ファンはトップ下起用に期待を寄せている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 カタール・ワールドカップ(W杯)の最終登録メンバー発表前、最後の2連戦は、選手たちにとってもメンバー入りに向けた大きなアピールの場。初戦となった9月23日の国際親善試合アメリカ戦(2-0)に快勝したなかで、森保監督はその試合で出場機会のなかった選手、出場時間の短かった選手たちにチャンスを与えた。

GK
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
山根視来(川崎フロンターレ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
長友佑都(FC東京)
伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)

MF/FW
柴崎 岳(レガネス/スペイン)
南野拓実(ASモナコ/フランス)
古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
三笘 薫(ブライトン/イングランド)
堂安 律(フライブルク/ドイツ)
田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)

 アメリカ戦からの総入れ替えを示唆していた前日会見で、森保監督は「プレー機会が得られる選手たちには、思い切って自分のプレーを100%出すということ、チームのためにチームの一員として、チームが100%の力を出せるように考えてプレーしてほしい」と話していた。

 注目されるのは、今季移籍したモナコでも不完全燃焼が続く南野だ。三笘、堂安というサイドアタッカーがスタメンに名を連ねていることを考えると、4-2-3-1の中ではトップ下起用が考えられる。W杯アジア最終予選では、左サイドで輝きを放てなかっただけに、ファンは「やっと南野が中央に戻れる」「南野トップ下は期待大」「古橋南野がどういう感じなのか」と期待を寄せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド