「狂ってる」「マシンのよう」 ボルシアMG板倉の圧巻ディフェンスに海外喝采、バイエルンFW決定機阻止の“2段ブロック”反響

ボルシアMGに所属する日本代表DF板倉滉【写真:Getty Images】
ボルシアMGに所属する日本代表DF板倉滉【写真:Getty Images】

バイエルンFWレロイ・サネの決定的シュート阻止シーンにブンデス公式再脚光

 ドイツ1部ボルシアMGの日本代表DF板倉滉は、今夏新加入したチームの主軸CBとして最終ラインを支えているなか、ブンデスリーガ公式SNSは驚異の反応で相手のシュートをブロックしたシーンに再脚光。多くの反響を呼んだ2段ブロックを「芸術的な守備」と称えると、「狂ってる」「マシンのように素晴らしい」と賛辞が寄せられている。

 板倉は今夏、保有元のマンチェスター・シティからボルシアMGへ4年契約で完全移籍。主力センターバック(CB)としてここまでブンデス開幕から全5試合に出場しているなか、8月27日のブンデスリーガ第4節バイエルン・ミュンヘン戦(1-1)で驚異的なタックルにより決定機を阻んだシーンが話題になった。

 前半33分、ペナルティーエリア内左からのパスを中央で受けたバイエルンの10番FWレロイ・サネがゴール前へ侵入し、シュート体勢に入ったところで、板倉がスライディングタックルを仕掛ける。これはフェイントでかわされ万事休すかと思われたが、サネが再びシュートを放ったところで板倉が反転しながらブロックし、決定的なシュートを間一髪で足に当てた。

 鋭い反射神経が光った“2段ブロック”シーンに多くの反響が寄せられると、ブンデスリーガ公式SNSが再脚光。決定機阻止の瞬間の映像には「芸術的な守備」と綴られ、一連のシーンについて「粘り強い板倉 K.Oできない」と鉄壁ぶりに触れられている。コメント欄には「狂ってる」「なんてプレーヤーだ」「マシンのように素晴らしいディフェンス」と海外ファンから驚きの声が上がり、新天地で着実に評価を上げている板倉のパフォーマンスに、改めて喝采が送られていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」