「勝利に導くことしか描いていない」 板倉滉、カタールW杯に懸ける想いを告白「成長できる自信もある」

カタールW杯での活躍が期待されるDF板倉滉【写真:(C) AbemaTV,Inc.】
カタールW杯での活躍が期待されるDF板倉滉【写真:(C) AbemaTV,Inc.】

「ABEMA」が板倉の独占インタビューを配信

 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)全試合を生中継する「ABEMA」が、W杯開幕前の想いを激白する新番組「サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE」を8月24日に放送した。

 第7回の放送では、MF板倉滉(ボルシアMG)と中山雄太(ハダースフィールド・タウンFC)が登場。板倉は独占インタビューで、これまでのサッカー人生やワールドカップ(W杯)出場に懸ける想いを明かした。

 MF三笘薫(ブライトン)や田中碧(デュッセルドルフ)と同じく川崎フロンターレの下部組織出身の板倉は、186センチの長身から繰り出す精度の高いキックが持ち味の守備のスペシャリスト。しかし、日本代表ではセンターバック(CB)の主力として君臨するDF吉田麻也(シャルケ)とDF冨安健洋(アーセナル)のバックアップ役だった。

 サブへの焦りを聞かれると、「もちろんありました」と現在の立ち位置を理解しつつも、「自分がもっと試合に出ていかないといけない」「全く満足はしていない、毎試合スタメンで出たい」と胸中を明かした。

 また、自身にとって転機となったカタールW杯アジア最終予選では、吉田と冨安が負傷離脱するなか、スタメンに抜擢。当時を振り返り、板倉は「ここで自分が出て負けたら、もう終わりだなぐらいの気持ち」と試合に懸ける想いを口にした。

「目に見える形で、結果を残していかないといけない。成長できる自信もある」

 板倉は最後にW杯について、「誇りを持って日本代表チームでプレーできる幸せ」に加えて、「もっと引っ張っていく存在にならないといけない。W杯で自分が試合に出て、日本を勝利に導くことしか描いていない」と意気込んだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」