デュッセルドルフ田中碧、2年目好調の要因は? 本人を直撃、キーワードは「フリーダム」 監督や現地ファンも賛辞「いいねぇ!」

デュッセルドルフでプレーするMF田中碧【写真:Getty Images】
デュッセルドルフでプレーするMF田中碧【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】開幕2連勝のデュッセルドルフで存在感が際立つ田中碧

 ブンデスリーガ2部開幕2連勝中のデュッセルドルフにおいて、日本代表MF田中碧の存在感がいよいよ際立ってきている。

 2節目のパダーボルン戦(2-1)ではマルセル・ソボトカと組んで中盤センターでプレー。専門誌キッカーなどのフォーメーション図だとトップ下に田中は配置されているが、役割として観察すると基本ダブルボランチの一角でプレーしながら、攻撃時にはポジションを上げて自由に動き回るというタスクを担っているようだ。

 トップ下の位置でパスを呼び込むこともあれば、相手守備ライン裏まで飛び出したり、サイドに顔を出して仲間をサポート。信頼度は非常に高く、味方が田中を見つけるとスッとボールを預けるシーンが多い。田中もそこでボールを的確に展開し、攻撃のリズムとスピードをコントロールしていく。

 昨シーズンの田中と比べると、明らかに馴染んでいる様子が窺える。判断と技術が噛み合っているというか、それぞれの局面でやるべきプレーがクリアになっているようだ。実際にチームにおける役割というのは変わっていないのだろうか? 田中本人に尋ねてみた。

「いや、変わってないです。結局できないことをやれなんて言われない。自分ができることをやればチームにとって有益になる。現時点ではあそこのポジションをやらせてもらってる以上、自分がボールを触る回数を増やさなきゃいけない。自分がボールを触る回数が増えてる時こそチームの状態もいいのかなと思う。

 そういう意味では、立ち位置どうこうを意識しながらも、自分がボールに触る回数を増やしていければ、よりいい流れができると思う。すごくフリーダムに動けるポジションで、一番自分としてはやりやすいなという感覚もあって。どちらかというと、どっしり構えるよりもフリーダムに動きたい。今のポジションと自分のやれることはすごくマッチしているので、やりやすさは現時点であるのかなと思います」

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」