「街全体がサッカーを呼吸している」 鹿島レジェンドDFジョルジーニョがチームとサポーターに献身した訳

2014年ジーコ(左から2番目)主催のU-15日本ブラジル友好カップに鹿島OBが集合【写真:藤原清美】
2014年ジーコ(左から2番目)主催のU-15日本ブラジル友好カップに鹿島OBが集合【写真:藤原清美】

ボランチの相棒本田泰人らと深い友情を築く

 2度目の優勝を果たした1998年のJリーグも心に刻まれる。

「あの年、僕らは監督交代を乗り越えたんだ。シーズン中にジョアン・カルロスが去ったあと、関塚(隆)代行監督の時期を経て、ゼ・マリオが就任した。もちろん、ゼ・マリオが日本サッカーと鹿島の選手を理解するには、ある程度の時間がかかったよ。でも、僕らは選手同士で話し合って、試合での問題点を彼に伝え、彼がそれを練習で修正する、ということを続けた。そうやってチームの歯車が合った時、チームは13戦不敗を実現し、最後にはJリーグ優勝を達成できたんだ」

 彼はプロとしてどうあるべきかを、常に自分の姿勢で見せようとしていた。同時に、チームメイトたちと深い友情も築いた。

「本田(泰人)と僕は、Jリーグ史に残るドイス・ボランチだったと思うよ。彼は小柄で、闘志にあふれて、ダイナミックな戦士だった。ヘッドでどこへでも望むままにボールを叩き込む長谷川(祥之)がいて、ペナルティエリアの外からのシュートには、黒崎(久志)がいた。偉大なCBの秋田(豊)、試合でチームにリズムを作る石井(正忠)もいた。名良橋(晃)は、日本サッカー最高のSBだった。守備の時には非常に強く、攻撃にはスピードがあった。それに、カーブをかけた、あんな完璧なクロスができる選手はいない。ただ、彼はここぞという時を理解しなければならなかった。オーバーラップのタイミング、ドリブルで持ち込むタイミング、キープすべき時、シュートを打つべき時。だから、そうしたプレーや練習方法について、いつも話し合った。ほかの中盤の選手たちともそうだ。

 日本人はその文化から、以前は親に抱きしめてもらったことのない選手だって多かったけど、彼らを抱きしめ、僕らが情熱と感動をともにする存在であることを、全身で伝えたんだ。ブラジル人と日本人の垣根もなかった。一緒にレストランに出かけて、奥さん同士も言葉が通じないのに、楽しそうに笑っていたりね。そういうすべてが、あの友情をもたらし、アントラーズファミリーを作り上げたんだと思う」

藤原清美

ふじわら・きよみ/2001年にリオデジャネイロへ拠点を移し、スポーツやドキュメンタリー、紀行などの分野で取材活動。特に、サッカーではブラジル代表チームや選手の取材で世界中を飛び回り、日本とブラジル両国のテレビ・執筆などで活躍している。ワールドカップ6大会取材。著書に『セレソン 人生の勝者たち 「最強集団」から学ぶ15の言葉』(ソル・メディア)『感動!ブラジルサッカー』(講談社現代新書)。YouTubeチャンネル『Planeta Kiyomi』も運営中。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」