堂安律、今季公式戦11点目の左足ミドル弾でチーム最高評価 「チームメイトを目覚めさせた」

オランダ1部PSVに所属するMF堂安律【写真:Getty Images】
オランダ1部PSVに所属するMF堂安律【写真:Getty Images】

NEC戦で先制点を決め、3-2の勝利に貢献

 オランダ1部PSVの日本代表MF堂安律は、5月11日に行われたエールディビジ第33節NEC戦で先制ゴールを挙げ、3-2の勝利に貢献した。約20メートルの位置から強烈な弾丸ミドルシュートを決め、今季公式戦11点目をマークした活躍が現地メディアでも高評価を受けている。

 ボランチ起用となった堂安は前半26分、中央約20メートルの位置でパスを受けると左足一閃。低い弾道で強烈なミドルシュートを放つと、チームに貴重な先制点をもたらした。

 その後チームは2点を追加。3-0とリードしたのちに2点を返されるも、3-2で逃げ切った。

 リーグ優勝こそ逃したが、堂安は今季リーグ戦8点目、公式戦11点目をマーク。オランダのサッカー雑誌「Voetbal International」ではチームトップの「8点」の採点を付け、オランダメディア「ED」も「PSVは立ち上がりにスロースタートだったが、堂安がチームメイトを目覚めさせた」と評価していた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング