マンチェスター・シティ敗戦の「なぜ?」 “8割ぐらいは勝てる”スタイル設計から浮かぶ「勝てない理由」

1982年W杯のブラジルと同様「専守防衛で時間を浪費するつもりはない」

 ただ、それでもシティが負けたのはなお不思議である。

 レアルに勢いはあった。しかし、後半23分のMFトニ・クロース→FWロドリゴの交代から流れは変わっていた。同27分、シティはDFカイル・ウォーカーとMFケビン・デ・ブライネをアウト、DFオレクサンドル・ジンチェンコとMFイルカイ・ギュンドアンに交代。その直後にFWリヤド・マフレズのゴールが決まっている。

 2試合合計で2点差となったレアルはカゼミーロ、MFルカ・モドリッチに代えてMFエドゥアルド・カマヴィンガ、MFマルコ・アセンシオを投入。クロース、モドリッチ、カゼミーロの長年チームを支えてきたトリオが消滅し、ますますバランスは悪くなった。

 若手主体となったフラットな4-4-2(あるいは4-2-4)はボールを奪うにはいいが攻撃はやりにくい。奪っても自陣から前進できず、少なくとも2点取らなければいけないチームとしては望み薄な状態だった。

 後半42分にはMFジャック・グリーリッシュが立て続けにシュートを放ち、シティはもう1点取れる寸前までいっている。もうレアルが勝てる理由を探しても見つけられない状況であり、あのままならまさに「不思議の負けなし」だった。

 ところが、「不思議の勝ち」はあった。後半45分、アディショナルタイム1分とロドリゴが連取して2-1、合計スコア5-5。これで流れを掴んだレアルは延長でFWベンゼマがPKを決めてファイナルへ勝ち上がる。

 シティに勝てない理由はあった。しかし、負けた理由を探すなら1つしかない。勝てる試合になっていないのに勝とうとしたことだ。第1戦で1点リードしていたシティは、この試合はドローで決勝へ行けた。しかも相手の勢いがなくなった時間帯に先制もできた。なのに、もう1点取ろうとしていた。

 合計2点差がついているのに、なぜ3点差にしようとしたのかというと、そういうチームだからだ。そういう設計になっている。1982年のスペイン・ワールドカップ、イタリアに2-3で敗れたブラジルが、MFパウロ・ロベルト・ファルカンの同点ゴール(2-2)の後、なぜ守備を固めなかったのかと批判されたのと同じだと思う(ブラジルはドローで準決勝へ進めるはずだった)。

 チームがそういう設計だからだ。シティもブラジルも専守防衛で時間を浪費するようにできていないし、そもそもそうするつもりがない。そして、サッカーの神様はその気高い精神に時々、鉄槌を下すのだ。太陽に挑んで墜落したイカロスのようにシティは敗れた。

 試合後、グアルディオラ監督の表情はさばさばしたものだった。翼を焼かれて墜落しても、悪びれた様子など微塵もない。サッカーの神様のほうが小さく見えた気がした。

page1 page2 page3

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」