磐田ルーキー古川陽介、“静岡学園コンビ”復活で師弟「Sポーズ」コラボ 「最も尊敬する人物」

今季から磐田でプレーするMF古川陽介【写真:Getty Images】
今季から磐田でプレーするMF古川陽介【写真:Getty Images】

静岡学園高の1学年先輩である拓殖大DF関根大輝と2ショット「相変わらずええ人すぎ」

 ジュビロ磐田のルーキーMF古川陽介が、自身の公式インスタグラムを更新。「最も尊敬する人物」と敬愛する静岡学園高の先輩との“師弟関係2ショット”を披露している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 静岡学園高で10番を背負い、昨冬の高校選手権で華麗なテクニックを披露して脚光を浴びた古川。大会はベスト8で涙をのんだ一方、新たな活躍の場として磐田を選んだ。

 3月2日のルヴァンカップ第2節(第1戦は開催延期)湘南ベルマーレ戦(0-1)で初のベンチ入りを果たし、後半32分にFWジャーメイン良に代わってピッチに立ち、待望のプロデビュー。リーグ戦ではベンチ外が続いていたが、4月2日の柏戦で初めてベンチ入りすると、後半21分にDF小川大貴に代わって途中出場し、J1デビューを飾った。

 今後、ポジション争いに食い込んでいくことが期待される18歳のアタッカーは、「僕が最も尊敬する人物です! またピッチで会いたい」とインスタグラムに綴ったのが、静岡学園高の1学年先輩である拓殖大2年生のDF関根大輝との2ショットだ。

 静岡学園の「S」の文字を手で作った“Sポーズ”を作り、笑顔の2人。古川は「#師弟関係」「#sポーズ」「#相変わらずええ人すぎ」「#髪型かっこよくなってた」とハッシュタグを添え、関根へのリスペクトを示した。

 この投稿には、磐田の同僚である18歳MF藤原健介が「ベルトだけなんとかして欲しい」とコメント。古川は「いつも健介のネクタイ結んでるから許してや」と切り返していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング