大敗でサポーターの出費約7900万円を払い戻し サンダーランド選手団の選択

 

0-8大敗で選手自らサポーターのチケット代&旅費を払い戻したサンダーランド

 

 サンダーランドはイングランドの北東部の街で、プレミア所属クラブの中では最北端に位置している。一方、サウサンプトンは最南端の街。つまりアウェイ戦となるとプレミア最長距離の旅程を強いられる。

 10月18日、2559人のサンダーランド・サポーターがプレミア最長距離を旅した。約4時間かけて首都ロンドン・キングスクロス駅に到着し、そこからまた混雑する市内を30分かけて移動して、南に向う電車のターミナル駅であるウォーター・ルーへ行く。サウサンプトンへはそこからさらに1時間半。そんな長旅も、愛するチームを精一杯サポートして、しびれるようなアウェイ勝利を見たい一心で耐える。

 ところが、ロンドン内での移動も含めれば、片道6時間にも及ぶ電車の旅を経て、彼らがサウサンプトンで見たのものは、0-8という歴史的大敗だった。

 立ち上がりのサウサンプトンはそれほどいいという状態でもなかった。それどころか、今季の目玉になりつつあるクライン、タディッチに代表戦の疲れが見え、チームとしての動きもかなり緩慢だった。

 ところが前半12分、サンダーランドDFベルジーニが右足でクリアしたボールがハーフボレーになって自軍ゴールネットを豪快に揺らしてしまう。こうして、試合後BBC電子版が『プレミア史上でも最もスペクタクルなオウンゴールのひとつ』と見出しをつけた先制点が生まれると、そこからアウェイ・チームがミスを連発。とにかく守備が乱れて、終ってみれば2点のオウンゴールを含め、8点を献上した。

 すると翌々日20日の朝、英大衆紙ザ・サンにこんな見出しが踊った。『サンダーランド・ファンに選手が払い戻し』。大敗したサウサンプトン戦に登録された18人のサンダーランド選手団が、このアウェイ戦に駆けつけた2559人のサポーターのチケット代と旅費を払い戻すというのだ。

 記事中、自軍ゴールを8度も揺らされたイタリア人GKマンノーネは、「できる限りのことをしたい。我々が(ファンの費用は)支払うべきだ。なぜなら僕らは全力を尽くしたとはいえない試合をした。自分を含め、チーム全員がタオルを投げてしまった」と語り、支払いを約束した。

 その額は、サポーター一人当たり、24ポンドのチケットと152ポンド50ペンスの交通費の合計176ポンド50ペンス。総額は45万1663ポンド50ペンスとなり、日本円にして約7904万円という大金になる。

 これをベンチ入りした7人を加えた18人の登録選手で割ると、ひとりの支出は2万5092ポンド。約439万円だ。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  9. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  10. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛