グアルディオラ監督、アトレティコの超守備的“5-5-0”システムに衝撃 「とても難しかった」

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】

CL準々決勝第1戦はマンCがアトレティコに1-0で辛勝

 マンチェスター・シティは現地時間4月5日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でアトレティコ・マドリードに1-0で勝利を収めた。ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコが見せた衝撃の“5-5-0システム”にジョゼップ・グアルディオラ監督も手を焼いたことを認めている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ホームにアトレティコを迎えたシティは序盤からボールを保持して攻撃をうかがう展開となった。しかし、対するアトレティコは最終ラインを5人とし、さらに前線のFWジョアン・フェリックスやFWアントワーヌ・グリーズマンが中盤のラインまで下がり、見た目的には5-5-0とも呼べる超守備的なシステムで対応。前半はスコアが動かず、0-0での折り返しとなった。

 しかし、後半に入って試合は動いた。同15分にアトレティコが3選手を1度に交代させると、シティも同23分に3枚替えを敢行。MFイルカイ・ギュンドアン、FWラヒーム・スターリング、FWリヤド・マフレズを下げ、MFジャック・グリーリッシュ、FWガブリエウ・ジェズス、MFフィル・フォーデンを投入した。するとそのわずか2分後、交代出場のフォーデンのアシストからMFケビン・デ・ブライネが決勝点をマークした。

 1-0で辛くも勝利を手にした試合後、シティのグアルディオラ監督は「彼らは3-5-2でプレーすると思ったが、彼らは5-5-0だった。攻撃するのは非常に難しかった」とアトレティコの超守備的な戦い方に手を焼いたと振り返った。

「スペースがなく、彼らは強い。我々は小さく、軽かった。我慢強くできるかどうかが問題だった。ハーフタイムにはうまくやっている、後半に試合が動くと伝えた。マドリードでの試合(準々決勝第2戦)も似たような展開になるだろう。激しい試合だった。とても難しかったよ。彼らは守備の達人だ、それを崩すのは難しい。彼らの足を止めてもなかなかチャンスを作れなかったが、我々は我慢強くプレーし、最後はフォーデンとケビンの連係からゴールを奪えた」

 アトレティコの堅守に苦しみながらも先勝したシティ。2季連続となる準決勝進出へ一歩前進した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド