日本と“明暗” 韓国、スペイン&ドイツ同居の“死の組”回避でベスト16進出へ母国メディア希望「ホッと安堵のため息」

日本と韓国のグループを比較【写真:Getty Images & 高橋 学】
日本と韓国のグループを比較【写真:Getty Images & 高橋 学】

日本はスペイン、ドイツ、大陸間プレーオフ勝者、韓国はポルトガル、ガーナ、ウルグアイと同居

 カタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が現地時間4月1日に開催され、7大会連続出場の日本は優勝経験を持つスペインとドイツと同じE組に振り分けられた。韓国メディアは抽選結果を受けて、「韓国と日本の喜びが交錯」と伝えている。

 日本はW杯アジア最終予選をB組2位で通過し、FIFAランキングを基にポット分けされて実施された抽選会では第3ポットに入った。そして、日本が振り分けられたE組は、すでに第1ポットから2010年の南アフリカ大会を制したスペイン、第2ポットから優勝4回を誇るドイツが組み分けられていた厳しいポジションとなり、さらに第4ポットには北中米カリブ海のコスタリカと、オセアニアのニュージーランドによる大陸間プレーオフの勝者が入ることになった。

 一方で、日本と同じ第3ポットだった韓国は、ポルトガル、ガーナ、ウルグアイと同じH組に入る結果となった。

 韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、日本との抽選結果の“明暗”について報じている。

「韓国と日本の喜びが劇的に交錯した。スペインとドイツが同じ組となり、最も避けなければいけないグループとなったE組に日本が入った。韓国の可能性もあったが、日本が先にE組に入り、韓国はホッと安堵のため息をついた。韓国はむしろ相対的に無難なグループに入り、ベスト16進出に向けて希望を抱くことになった」

 記事では、「韓国はドイツを避けたのが大きい」「日本にとっては、大陸間プレーオフのコスタリカとニュージーランドの勝者が入ったのが幸いだった」とも触れている。

 日本代表の森保一監督は「強豪ばかりだが、どこが相手でも目標は変わらない」とW杯ベスト8進出を引き続き目標に据えており、スペイン&ドイツ相手にどこまで渡り合えるか注目が集まる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング