本田圭佑、ロシアアスリート排除の制裁「間違ってる」 持論展開に賛否「激しく同意」「ウクライナ選手に言えますか?」

持論を綴った本田圭佑【写真:Getty Images】
持論を綴った本田圭佑【写真:Getty Images】

ロシアアスリートへの制裁について言及「政治とスポーツを一緒にしてはいけない」

 日本代表で活躍したMF本田圭佑(無所属)が自身のツイッターを更新。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から広がるロシアアスリートへの制裁について「間違っている」と持論を展開し、SNS上では賛否両論が寄せられている。

 ロシア軍によるウクライナ侵攻が開始されると、本田はこれまでもSNSで持論を投稿。「もう武器の支援ばかりしてる欧米(NATO)がこの戦争を止めれるとは思えない。ロシア国民が立ち上がってプーチン大統領の考えが変わるか、ウクライナ大統領が譲歩して一時停戦をめざすか」などの考えを綴っていた。

 サッカー界ではロシア代表やロシアリーグのクラブチームに対し、国際大会への参加を停止する制裁措置が発表されるなど余波が広がっている。

 国際オリンピック委員会(IOC)や国際サッカー連盟(FIFA)などがロシア選手やロシアチームの国際大会参加を禁止する流れについて触れた本田は、「ロシアのアスリートたちに対する制裁は間違ってる。政治とスポーツを一緒にしてはいけない」とメッセージを発信した。

 この投稿に多くの「いいね」が寄せられ、リツイートも相次いだなか、SNS上ではさまざまな意見が並んでいる。「確かに選手に罪はありません」「激しく同意!」「ロシアのアスリートは気の毒」など賛同の声が上がった一方、「今回はちょっと難しいと思います」「理想と建前はそうですね」「それをウクライナの選手に言えますか?」などのコメントも寄せられていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング