川崎L・ダミアン、ミスを犯した相手GKへの紳士的行為は「美しい対応」 海外メディアが再脚光「新しいファンを勝ち獲った」

G大阪戦で同点ゴールを決めたFWレアンドロ・ダミアン【写真:Getty Images】
G大阪戦で同点ゴールを決めたFWレアンドロ・ダミアン【写真:Getty Images】

L・ダミアンがG大阪GK石川に駆け寄って抱き起す紳士的行為を披露

 川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンは、3月6日に敵地で行われたJ1リーグ第3節ガンバ大阪戦(2-2)で、試合終了間際に劇的同点弾を決めるとともに、ミスを犯して茫然自失の相手GKを抱き上げた紳士的行為が反響を呼んだ。海外メディアも改めて「美しい対応が話題の瞬間に」とスポットライトを当てている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 川崎の1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、G大阪GK石川慧が手にしたボールを転がして蹴り出そうとした瞬間、FW小林悠が背後からボールを奪取。そのパスを受けたL・ダミアンが、無人のゴールに流し込んだ。

 痛恨ミスにしゃがみこみ、茫然自失となった石川。そこにL・ダミアンが駆け寄って抱き起し、なにやら言葉をかけて、相手の胸中をおもんぱかった。

 オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」は、開幕3週間の出来事の1つとして、「レアンドロ・ダミアンの美しい対応が話題の瞬間に」と見出しを打ち、改めて取り上げた。

「この一件は世界中で話題となったが、石川がうなだれる瞬間を覚えておくべきではなく、同点弾を決めたブラジル人ストライカーの対応のほうが重要だ。ダミアンは純粋なスポーツマンシップとして、石川を慰めることを選択した。このリスペクトで、新しいファンを勝ち獲ったことは間違いない」

 母国ブラジルメディアに対し、「GKが悲しんでいるのを見た時、誰も彼に向かっていかなかったんだ」と自身の行動の理由を説明していたL・ダミアン。勝負の世界ではあるが、即座に相手選手の気持ちも考えられるスタイルは評価されてしかるべきだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング