浦和ユンカー、日本庭園を満喫 「北欧三銃士の1人が新宿に!」“お忍び観光”が話題

浦和FWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】
浦和FWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】

新宿御苑を訪問、SNSで4枚の写真公開

 浦和レッズに所属するデンマーク人FWキャスパー・ユンカーが自身のSNSを更新。「自然を満喫」と綴り、都内の有名庭園を訪れたことを報告すると、ファンから熱視線が注がれている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨年4月に浦和と契約したユンカーは、Jリーグ挑戦1年目で公式戦32試合16ゴールの成績を残した。来日2年目の今季は怪我で出遅れ、J1リーグ第10節・川崎フロンターレ戦(1-2/3月2日)で初出場。本領発揮が待たれる状況だ。

 そんなユンカーが自身のSNSを更新。都内随一の歴史を誇る庭園として知られる新宿御苑を訪れたようで、自然と調和した日本庭園などが収められた4枚の写真を添えている。

 同胞DFアレクサンダー・ショルツ、今季新加入のスウェーデン人MFダヴィド・モーベルグとともに”北欧三銃士”として注目されるユンカーの最新投稿へ、ファンからは「北欧三銃士の1人が新宿に!」「ユンカー新宿にいたんだ」「すれ違いたかったなぁ」と驚きの声が続々。都内への“お忍び観光”が話題になっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング