「ガンバ大阪の傷心」 守護神が勝利目前に背後からボールロストで被弾が海外で反響拡大「このワンプレーを取り戻したいだろう」

G大阪でプレーするGK石川慧【写真:Getty Images】
G大阪でプレーするGK石川慧【写真:Getty Images】

GK石川が川崎FW小林にボールを奪われ、L・ダミアンに同点ゴールを被弾

 ガンバ大阪のGK石川慧は、3月6日にホームで行われたJ1リーグ第3節・川崎フロンターレ戦(2-2)で、試合終了間際に背後からボールを奪われて同点弾を献上する形となり、アジアや欧州メディアも「ガンバ大阪の傷心」「世界中で起こっているミス」と伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 G大阪は前半34分にクロスのこぼれ球に反応したMF山本悠樹がハーフボレーでゴールを奪い、先制に成功。しかし、1点リードで迎えた後半10分にアクシデントに見舞われる。

 相手ゴール前でボールを受けたFW宇佐美貴史が右足で踏ん張った際に負荷がかかった模様で、そのままピッチに倒れ込むと苦悶の表情を浮かべ、右足首付近を抑えながらすぐさま自ら交代を要求。試合も一時ストップし、両軍の選手が心配そうな様子で周りから見守るなか、担架で運ばれてピッチを後にした。

 後半30分に同点とされるも、その2分後にMF小野瀬康介が勝ち越しゴールを奪取。そのまま時間は過ぎ、G大阪が勝利するかと思われたアディショナルタイムだった。

 G大阪の守護神・石川が手からボールを放し、キックのタイミングを見計らった瞬間、川崎FW小林悠が背後からボールを奪取。こぼれ球にFWレアンドロ・ダミアンが反応し、ペナルティーエリア手前から無人のゴールに流し込んで川崎が土壇場で同点に追いついた。

 オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは、「ガンバ大阪の傷心。ケイ・イシカワの大惨事。彼はこのワンプレーを取り戻したいだろう」と言及。スペイン紙「マルカ」が「世界中で起こっているミス」と触れれば、英大手プロバイダー「フットボール・レーダー」でアナリストを務めるサム・ロブソン氏もツイッターで「イシカワはうしろにコバヤシがいることに気づかず、狼狽している」と伝えていた。

 G大阪はベテラン東口順昭の調子が上がらず、ベンチ入りしていない状態。29歳の石川の奮起に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング