アトレティコ技巧派のCL豪快ヘッド弾、“ファン・ペルシー彷彿”と海外話題 「ダイビング弾と比較」

アトレティコFWジョアン・フェリックス【写真:AP】
アトレティコFWジョアン・フェリックス【写真:AP】

アトレティコはマンUと1-1のドロー J・フェリックスの先制ゴールへ注目

 アトレティコ・マドリードは、現地時間2月23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、マンチェスター・ユナイテッドと対戦し、1-1のドローに終わった。この試合で先制点を決めたアトレティコのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスのダイビングヘッド弾に対し、ファンからは「ロビン・ファン・フェリックス」との声も上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ホームにユナイテッドを迎えた一戦で、アトレティコは前半7分に先制。右からのコーナーキックが一度は流れるも、左サイドからアトレティコのブラジル人代表DFレナン・ロディが鋭いクロスを上げる。このボールにJ・フェリックスがダイビングヘッドで合わせると、強烈なシュートが左ポストに直撃しゴールイン。ユナイテッドの名手スペイン代表GKダビド・デ・ヘアも見送ることしかできなかった。

 このゴールについて、ルーマニアメディア「DIGI sport」が「ファンは、2014年に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)で、オランダ代表がスペイン代表と対戦した際にロビン・ファン・ペルシーが決めたダイビングヘッド弾と比較した」と注目している。

 ブラジルW杯で元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー氏が決めたゴールも、左サイドから放り込まれたクロスに対し、頭から突っ込む形でゴール。得点シーンの映像が公開された「Eleven Sports」ポルトガル版公式インスタグラムにも、ファンから「ロビン・ファン・フェリックス」とのコメントが寄せられるなど、テクニシャンとして知られるフェリックスの珍しいヘディング弾が海外で話題となっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング