「ヤットさん可愛い」 遠藤保仁、劇的同点弾を決めたFWに手荒い祝福が反響「悪い顔笑」

磐田で活躍するMF遠藤保仁(写真は昨季のもの)【写真:高橋 学】
磐田で活躍するMF遠藤保仁(写真は昨季のもの)【写真:高橋 学】

磐田が後半アディショナルタイムにジャーメイン良のゴールで追い付き福岡と1-1ドロー

 ジュビロ磐田は2月19日に行われたJ1リーグ開幕戦でアビスパ福岡と対戦し、1-1の引き分けに終わった。この試合で後半アディショナルタイムに生まれた磐田FWジャーメイン良の同点ゴールの際、元日本代表MF遠藤保仁のリアクションに注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 3年ぶりにJ1を戦う磐田は、開幕戦で福岡の敵地に乗り込んだ。試合は序盤から福岡に主導権を握られ、チャンスを作られるもピンチを防ぎ、スコアレスで折り返す。後半に入っても福岡にボールを支配されると、同16分に相手DF前嶋洋太にペナルティーアーク付近からダイレクトシュートを決められ、先制を許す。

 反撃に出たい磐田だったが、その後も福岡に試合をコントロールされ、なかなかチャンスを作れない。しかし迎えた同アディショナルタイム、セットプレーの流れからFWジャーメインが後方から来たボールをワントラップし、右足でシュート。これがゴール右へと吸い込まれ、土壇場で追い付いた。

 ゴールをした際、喜びを爆発させたジャーメインは笑顔でベンチの方へ向かうと、遠藤らチームメイトに何度も頭を叩かれ、熱い祝福を受けた。

 このシーンをDAZN公式ツイッターが公開すると、ファンからは「完璧なゴール!」「良く決めた」とゴールを称賛する声や、「ヤットさん、いつもの悪い顔で叩いてた笑」「ヤットさん可愛い」「ヤット嬉しそうで何より」といった遠藤のリアクションにも注目が集まっていた。

 試合はそのまま終了し、土壇場で追い付いた磐田が勝ち点1をもぎ取る形となり、追い付かれた福岡にとっては手痛い引き分けとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング