川崎レアンドロ・ダミアン、開幕戦の“技あり”決勝ヘッド弾に反響 「かなりの技術」「えぐい」

開幕戦で決勝ゴールを決めたFWレアンドロ・ダミアン【写真:Getty Images】
開幕戦で決勝ゴールを決めたFWレアンドロ・ダミアン【写真:Getty Images】

FC東京に押し込まれる展開も、コーナーからL・ダミアンがヘッドで決め決勝弾

 2022年シーズンのJ1リーグが2月18日、川崎フロンターレ対FC東京の“多摩川クラシコ”で開幕し、昨季王者の川崎が1-0で勝利した。この試合で決勝ゴールを決めた川崎FWレアンドロ・ダミアンには「川崎のヒーロー」「えぐい」「流石」と賛辞が送られている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は両者ともチャンスを作りつつも、王者・川崎が押される展開に。前半28分にはペナルティーエリア外からのMF松木玖生の強烈なミドルシュートを打ち、存在感を示すも守護神GKチョン・ソンリョンが好セーブで事なきを得る。後半に入っても、川崎は苦しい展開が続く。後半開始早々には、FC東京にFWレアンドロのGKと1対1の局面を作らせるも、なんとかチョン・ソンリョンが上手く倒れ込んでブロックした。

 相手の厚みのある攻撃を耐えつつ、チャンスを作ろうとする川崎は同30分、セットプレーから待望の先制点を奪う。途中出場したFW遠野大弥の左のコーナーキックから、L・ダミアンが頭でコースを変え、技ありのシュートでFC東京GKヤクブ・スウォビィクの牙城を破った。これが決勝点となり、前回王者・川崎がホームで1-0と今季初勝利を挙げた。

 L・ダミアンの“ここしかない”というコースへの技ありヘッドに、ファンから「芸術的すぎる」「かなりの技術」「流石としか」「これはダミアンがうますぎた」「川崎のヒーロー」「えぐい」と称賛の声が寄せられた。

 開幕初戦からお互いに見応えのあるゲームだったが、川崎は優勝した昨年に比べて苦しんだ印象。それでもセットプレーで勝ちきるあたりは前回王者の強さの表れでもある。苦しんだ初戦で勝利をもぎ取った9番を背負うエースが、今季もチームを救うゴールゲッターであるのは間違いなさそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング