「日本人の救世主」 レアル中井卓大、“左45度”の圧巻コントロール弾を現地実況も称賛

レアル・マドリードでの活躍が期待されるMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードでの活躍が期待されるMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

フベニールAのアルコルコン戦、ゴール右隅へ鮮やかな一撃をお見舞い

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織フベニールA(U-19相当)に所属する18歳のMF中井卓大は、2月13日に行われたリーグ第20節アルコルコン戦(2-0)で途中出場からゴールを決めた。現地実況も「日本の救世主」と称えている。

“ピピ”の愛称で知られる中井は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で最多13回の優勝を誇る“白い巨人”の下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)、そして今季はフベニールA(U-19相当)に昇格した。

 2月13日のアルコルコン戦では、後半22分から中盤の一角で途中出場。1-0で迎えた後半44分、レアルが左サイドから敵陣ペナルティーエリア内に攻め込むと、相手のクリアボールを拾った中井がドリブルから切り返して右足でシュート。左45度から放たれたシュートは、ワンバウンドして鮮やかにゴール右隅に吸い込まれ、フベニールAは2-0で勝利した。

 クラブ公式チャンネル「レアル・マドリードTV」では、中井のゴールシーンで現地実況と解説がクオリティーを称えている。

「レアル・マドリードが立ち上がりの得点に続き、試合を締めくくるゴール。姿を現した日本人の救世主がゴラッソを決め、2-0にした」(実況)
「ゴラッソだけでなく、ナカイが見せたのは、有り余るパワーではなく、コントロールや技術でシュートを決めた」(解説)

 途中出場のなかでも、与えられた時間でしっかりとアピールすることに成功したようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング